ダイキャスト












とある企業ミュージアム様のお仕事。

今回させて頂いたお仕事の中で、おいらが特に一番楽しかったもの。

これ、ミニカーの展示ケース。

まず、プランナーさんとの喧々諤々6か月。
最初はケースの図面などない。

「少しでも多くのダイキャスト(ミニカーの事)を展示したい!」

「何台あるの?」

「800台?、もしかしたら1000台超えてるかも」

「・・・・・さて、どうしたものか?・・・」

ただ並べればいいわけではない。それではただの「陳列」。

おいら達がしなければいけない事は「展示」。

さて、どうしよう。

来館者の皆さんを頭の中で想像する。
親子連れ、車マニア、なんとなく観光で来た人、

展示をする学芸員の先生方を想像する。
少しでも展示作業をやりやすく。
先生方の想いを表現しやすく。

喧々諤々、喧々諤々、

紙の上でどんどん描いていく。
「これで作れる?」
「作れるけど、小学生は見にくいですよね。」
「じゃあこれは?」
「先生方、演示作業やりにくいですよね。」

喧々諤々、喧々諤々、

「じゃあこれは?」
「お、いいかもですね。けど・・・・実寸だと、どう見えてくるですかね?」
ミーティングルームの周りを見渡すと、そこに別件で試作したケースがポツン、と。
試作ケース君から心の声が・・・「僕の事使ってくれてもいいよ・・・」

ラッカーテープおいら達はおもむろにラッカーテープとスケールを手に持ち。
ペタペタペタペタ。
ケースのガラス面にテープで実寸描いて(貼って?)しまえー。

「子供達にかぶりつきで見てもらいたいですよね」

「だったら、ここは角度をつけて・・・」
  ペタペタペタペタ。


「子供と大人が一緒に同じものを見られるといいですよね・・・」
ペタペタペタペタ。

「よーし、これだー」

「了解!おいら、作る図面描きまっす!」

「さて、ココは金属の板をこう加工して、ココはこうやって・・・」
「うーん、このガラスはどうやって加工しよう、ココの配線は・・」
「ココの溶接は、この木工は・・」

おいらの専門外の設計が・・・

「ねぇねぇ〇〇さん、このガラスって・・・」
「おい、△△くん、悔しいけど教えて。ここの溶接って・・・」

自分が不得意なところは、そこが得意な人の知恵を拝借。
それでも不安な場合は、「実験!試作!」
そんなこんなで、

図面、でけたー。
ダイキャストおいらは社員の皆さんによく話すことが2つあります。

1つめは「自分は仲間に生かされている。そして仲間を生かしている一部」

この仕事でもそうなんですが、仕事を進めていく中で、仲間と相談したり、
教えてもらったり、教えたり、の作業が繰り返されます。
その仲間がいてくれなければ ,仮に自分が99.9%の仕事をしていたとしても、
残りの仲間のおかげの0.1%がなければ仕事は完成しないんです。
つまり「0」になってしまう。
これって、忙しい人や、成果をあげている人ほど勘違いしやすいのかな?
おいらも昔、「何でオレがこんなにやってるのに!!!」ってよくありました。
けど、そうなった時の仕事はあんまりうまくいかないんですよね・・・

だから、仲間に対しては素直に「ありがとう」「ごめんなさい」「教えてください」
を素直に言えるように。そうすれば、自分の仕事がもっとうまくいくようになるんです。
そして、そこに関わってくれた皆さんが「大変だったけど、楽しい」って言ってくれるんです。




2つめは「ハードを売るな。ソフトを提供しよう」ってよく言います。

おいらは子分達に「何を見て(思い浮かべて)仕事してるの?
って聞きます。
時々、「誰かに言われたからこうしました」っていう人がいる。
それって、作業としては一番簡単かもしれないけど、おいらはそれできない。

「お客様の気持ち想い」を考えちゃうし、聞きたくなっちゃう。
ココがわかれば、「もっとこうしたほうがいい」がたくさん出てくる。
今回のお仕事でいえば、「学芸員の先生」「来館者のお客様」の事を想像する。
それを設計に反映させる。これがおいらの言うところの「ソフト」なんですよね。
はっきり言ってこれはかなり手間自体はかかります。
だけどね、これが「楽しいんですよ!」
しかも、お客さんがこのケースを最初に見てくれた時の顔。
お客さんにいい顔で「ありがとう」なんて言われちまうと、
もっと嬉しくなっちゃうけど、同時にちょいとだけ「ゴメンナサイ」って思ってしまう。
正直言うと、どの仕事でもほぼ必ず「あ~、この部分はしておけばもっと良かったのに」
って思うことがあるんです。
けど、きっとこれが「経験」というもので、「次の目標」になるのかな。

だから、また次もやりたくなっちゃうんでしょうね。

おいらの子分達や仲間たちにも、これを知ってほしいでござるよ。